3Dプリンターと従来のプリンター|欠かせないアイテム

女性

普及するまでの流れ

電話

IPフォンの歴史

IPフォンはインターネット回線が普及していく段階で進化してきた歴史をもっています。初期のISDN回線の頃は音声を伝達するには速度が遅く、回線も貧弱であったため実用レベルの通話品質ではありませんでした。ブロードバンド時代になり、ADSLが普及してきた頃からIPフォンも普及していき、高品質な音声と低価格な料金で人気を集めていきました。ADSLから光回線が普及する時代になり、IPフォンを利用する環境が整ってきました。また多くのメーカーからIPフォン対応の電話機も発売されるようになり、広く世の中にIPフォンが浸透してきています。今後は固定電話に順次置き換わっていくとみられており、利用者も増加していくとみられています。

IPフォンの普及

IPフォンというのはいわゆるIP電話のことであり、インターネット回線を使って国際電話をかけることができるようになりました。どの回線を使うのかによって選ばれ方は異なりますが、インターネット電話と広く言われています。このインターネット電話、もといIPフォンの普及にともなって国際電話を安くかけることができるようになりました。そのサービスを新しく始めたのがインターネットのチャット回線を使ったIPフォンでした。2006年当時はまだ珍しいものでしたが、この回線を使えば、数千円はかかっていた国際電話を数百円で楽しむことができるようになりました。IPフォンからIPフォンへの通話であれば無料で楽しむことができます。